理学療法士によるリハビリ研修会・勉強会・講習会セミナー

\オンラインサロン入会者募集中!/

歩行分析のオンラインディスカッション

 
歩行分析のオンラインディスカッション
この記事を書いている人 - WRITER -
高木謙太郎
オンラインサロンの管理者をやっているインストラクターです。\オンラインサロンはこちら/
理学療法士と鍼灸師の両方の資格の良いとこどりをした公益活動を心がけています。
詳しいプロフィールはこちら

オンラインサロンでの一節をご紹介します!

このような方いますね。

歩行を分析して、どのようにアプローチしていくか考えてみましょう。

ちなみyoutubeの動画はスローモーション再生できるので、動作分析しやすくなると思います。

山岸

仙腸関節と下肢帯は交差性に障害する事も多いですが、この方の場合は、右の仙腸関節がアウトフレアし過ぎていて仙骨の後方に乗り上げてロックしているのが強すぎるので、右の股関節を中心に下肢帯が分離できていないように見受けられますね。

私だったら、まずは仙腸関節の不安定性がないか確認するのと、呼吸時の仙腸関節の動きと坐骨の外内転をまず見て、骨盤帯のインナーの評価を元にインナー促通をして、まずは立脚初期、次に終期の骨盤帯のアウトフレアを抑制するようにインナーを足痛するようにしていくと思います

高木

高木さん、ありがとうございます。確かに右の仙腸関節のロックが見られますね。ちなみにこのロックしているかどうかの判断は私の場合は後方からの歩行を見たときの右立脚期での下肢とPSISの位置関係を見て判断していますが、高木さんはどうでしょうか?
また仙腸関節の不安定性の評価は骨盤と仙骨の位置関係、重力線に対してどのような位置関係になっているか(AS,PI腸骨)を評価していくと思いますが、どのような視点で評価していくといいと思いますか?

山岸

私も後方からの歩行を見たときの右立脚期での下肢とPSISの位置関係を見て判断しています。
仙腸関節の不安定性の見方は、単純に仙骨を腹側に押して確認して見ています。
アウトフレアの原因が仙骨の過剰なニューテーションによっておきているか?を確認するためです。
前仙腸靭帯のゆるさを確認する感じですね。

仙腸関節の関節面を考慮すると、仙骨がニューテーションすれば相対的に腸骨はアウトフレアしやすいです。
また、アウトフレアが強くなると仙骨はニューテーションしやすいです。

なので、アウトフレアが最初なのか、ニューテーションが最初なのかか?どちらの方が優位で、かつ、前仙腸靭帯のゆるさがないか?を判別するために行っています。

高木

 

皆さんはどう思われますか?

オンラインサロンで是非議論しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
高木謙太郎
オンラインサロンの管理者をやっているインストラクターです。\オンラインサロンはこちら/
理学療法士と鍼灸師の両方の資格の良いとこどりをした公益活動を心がけています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 運動連鎖学習塾 , 2019 All Rights Reserved.